クルーズは陸上の旅行よりもはるかに格安の理由

旅行を計画する際に 「一度クルーズ旅行を試してみるか否か」

と迷う方には下記の比較をされることをお勧めします。

また「クルーズ旅行に何を求めるのか」についても下記の様な事を漠然とイメージする事も大事です。

  • 現実の繁忙から開放されてリラックスを求める?
  • 自由気侭なプラン(究極のラグジュアリーライフ)か 中級者 初心者コースか?
  • 就航海域は?寄港地は?
  • 期間は?長い?標準(1週間)? 短い?
  • 船としては 高級なファイブスター並みのホテルを選ぶか?普通のレベルでよいのか?
  • 船上での催しは?教養番組は?
  • 予算は?
  • 生活の居場所となる船室は?ベランダつきが良いか?

併せて下記の表も参考なれば幸いです。

 

航空機&ホテルの旅 クルーズ
予算:特に1日当りの比較 航空券、宿泊費、食事他諸経費。 宿泊費(部屋代、食事代、その他船上費用)と食後のショー、ダンス等船上娯楽などの費用が全て含まれているオールインクルーシブ。

平均値:200ドル全行程食事込み1泊) 食事メニューも飽きない様に工夫されている。

情報収集 旅行代理店・インターネットなど 「クルーズ専門」旅行代理店やクルーズ船社のホームページ、インターネットでアメリカにおける主要日系旅行会社の日本語サイトにコンタクト(各旅行代理店により 船客への料金の割引率や対応の仕方が異なる)
移動の時間 空港での乗継ぎやレストラン予約や移動などのロスタイムが発生。 就寝中に次の訪問地に到着。
慌しさ 予約や大気に時間に追われる。 レストランの予約 車での移動などが不要。時間に追われず自分の気の向くままに旅行ができる。
荷造り 移動の度に荷造り。 乗船後下船時のみ。携帯電話などストレスフルな現実生活日常からの開放。
予約システム パッケージツアー(主催旅行など) 旅行代理店でのクルーズ案内。一括で空路手配も可能。
安全性 渡航先で事情が異なる。 船上での安全性・近代設備での移動が可能。医師看護師付の旅行。
ライフスタイル 訪問地のライフスタイルに合わせる。通貨や言語も訪問地次第。 船上でアメリカのライフスタイルが日常的に維持されている。通貨はUSドル言語は英語。
訪問地 空路移動の利便性と訪問地での宿泊設備や食事の確保などが前提。 行程に基づき「海」から訪ねる秘境。例:ガラパゴス諸島や南極、アラスカなどユニークな訪問先。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。