クルーズの楽しみ方(2)ホテルが移動する旅

 

クルーズ旅行では 世界で300隻以上のクルーズ船が就航してます。

それぞれに個性があり、その寄港地や行程、サービスの多様性は非常に豊富です。

意外にもクルーズ旅行には極めて多くの選択肢がある事に気が付くのです。

 

クルーズ旅行とは「一度の旅行」で「2つの異なった休暇」を楽しむことが出来る旅の型

ONE TRIP TWO VACATIONS

船の寄港地として訪ねる世界の観光地や名所に加え、船上での生活・体験が旅の思い出を作るのです。

寄港地も大事ですが、クルーズの場合、船上でのライフスタイル体験の充実度も選ぶ際の重要な要素になるのです。

一般的にクルーズ船社側は 自社の経営方針に基づき1〜2年先の自社船の就航海域やルートの企画をし各種調査を経て最終的なスケジュールを作成しています。

その配船先を企画する際、クルーズ船社は絞り込んだ客層の意向、予算など見極めてクルーズ船の就航する海域を決め船上に於ける食事やエンターテイメント等の船上プロダクツを演出しているのです。

アメリカ船客が中心のクルーズ船のクルーズライフは先ずアメリカ人にとって心地よいアメリカ的「日常性の環境」よりに成立っている(ヨーロッパ人従業員・船員+アメリカ人船客=船員と船客が作るアメリカ的船上ライフスタイル環境)

 

このような傾向はアメリカ船だけの問題ではありません。

ドイツ船は限りなくドイツのライフスタイルを取っていますし、フランス船にはフランス的な食生活が満喫できる船に成っているのです。

 

船上での生活が クルーズ旅行の大きな楽しみであるが故に どのような船を 選ぶかが クルーズ旅行の「満足度」の決め手になります。

そのため最も自分に合った船を選ぶにはクルーズに詳しい旅行代理店のアドバイスを求める事をおすすめします。

特にクルーズ船社の多くは ラグジュアリー(豪華)と言う表現を使い 船旅の魅力を売っているケースが多いのです。

これらのミスマッチを少なくするためにはクルーズ旅行を計画される場合、クルーズ船社のパンフレットや旅行会社のアドバイス、インターネット情報等を出来るだけ集め積極的に活用。

必要以上に豪華とか 「非日常性」等の言葉に惑わされず値段のみならず冷静に船上でのライフスタイルと言う視点からも比較検討をすることをお勧めします。 

船上で生活をする訳で 船上でのサービスのスタイルは何を望むのか。

例えば部屋は海に面しているか?

ベランダがあるか?使われている家具の素材は何か?

バスルームは?

シャワーは?

クルーズ船社によって異なっている事も知っておく必要があります。

なお、クルーズのパンフレット外観はどれも 華やかで綺麗に出来ており、超豪華とかの表現も氾濫しクルーズ船社の特徴や区別・差異が良くつかめないケースが多いことを付け加えておきます。

 

クルーズ船社から見た “マーケット(対象船客)”を対象とした クルーズ船社のカテゴリーは 大まかに3つに分けられる。

 

(注)上記以外に 特殊な客層を対象とする探険船なども有る (1泊 200ドル前後)

 

上述のように各クルーズ船社は各社の営業上絞り込んだ客層を対象としてクルーズのサービス海域や船上のプログラムを組んでいるケースが多いのです。

南太平洋を主としてサービス海域とするクルーズ客船ではエレベーターのない客船で、新婚旅行層や若年層にマーケットを主たる対象としているために高齢者や歩行を苦にする乗船客には更なるリサーチが必要かと思われます。

マリンスポーツのプログラム満載で若い活動的な客層には受けるに違いない。

また夫婦でシルバームーン休暇をカリブ海の船旅に求めたところ、あいにく子供が多くて落ち着かなかったとか、

反対に子供家族連れの船旅を選んだところベビーシッターもおらず、船上の子供用プログラムも少ないので、結局子供の面倒見だけで疲れたと言った不満も良く耳にするのです。

これらはすべて船旅の中身に対する情報不足からくる「ミスマッチ」によることが多いのです。

カテゴリー サービスのレベル 及び宿泊環境 1泊あたりのクルーズ料金 主なクルーズ船社 競合リゾートホテル料金(1泊あたり)
ラグジュアリー 高級リゾートホテルと同等のサービス。ゆとり度・サービス満足度が高い。 約250ドル〜

(宿泊、食事込)

リッツカールトン

シルバーシー

リージェントクリスタル

高級リゾートホテル(ハワイ 400ドル以上(食事 税金など別)
プレミアム リゾート&スパ 約200ドル〜 プリンセス

セレブリティ

ホーランドアメリカ

都市型滞在ホテル
カジュアル 都市型ホテル 約100ドル〜 ロイヤルカリビアン

カーニバル

都市型チェーンホテル

 

ポイントとして、考えるべき事は観光目的でどの方面に行くかと共に、船旅は船上生活「体験型旅行」でもあるのでどのようなクルーズ船で「船上生活ライフスタイル環境や体験」を望むのかの視点から船を選ぶことで充実した旅が楽しめるのです。

またアクティブなものが良いのか、それとも ゆっくりした時間を過ごしたいのかを過ごしたいのかも検討の材料としてを加えるのが良いと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。