アメリカの戦後国内経済構造の変化

 

アメリカのクルーズ客船事業に参入検討と戦後アメリカの時代背景を辿ってみます。

日本とは全く環境が異なり、イメージしにくいところもありますが、クルーズ業界の繁栄のみならす、旅行、さらには他業界のビジネスヒントにもなりうるものがあります。

実際に、筆者は同業の旅行業からは新しいアイデアは生まれず、むしろ関係ないジャンルの中に繁栄の答えがあると確信しているからです。

戦後のアメリカにおける産業基盤が変わり、軍需産業が大きく成長し、特に西南部のシカゴなど五大湖周辺都市や、ピッツバーグなどを中心とした一帯は、五大湖工業地帯と言われるまでになったのです。

当時の労働者層を中心とした都市部人口の急増は、彼らの生活スタイルを変え、仕事場から離れる休暇や旅行にも及ぶものでした。

第二次世界大戦中の女性の労働参加の活発化は、家庭の収入構造も大きく変え、時間とお金に余裕が出てきた新しい客層は、戦前から家族などを訪ねる「里帰り旅行」や「家族との再会」 とは異なった。

「季節に合わせた滞在型の新しい旅行」の形を選んだのです。

18 世紀後半、ドイツの詩人ゲーテの「イタリア旅行」のように、中西部を中心にした寒い北国の人たちが「スノー バード」と呼ばれる南の「太陽と海」を求める冬型旅行者群が出現したのです。

 

カリブ海に面した南の島々では、太陽と海以外にも、謝肉祭など、北の生活と異なる環境に新しい発見を見出したのです。

 

自分たちの「滞在体験」に刻まれ、この地域を繰り返し訪ね滞在し、リピーターとなり、安定した旅行者層になった。パンナム(現在のユナイテッド航空)などの航路網の拡大に伴い空の旅行は、急遽拡大し、遠距離旅行を刺激したものも同時期である。 

 

第二次世界大戦が終わってから15年後の1960 年代のアメリカは、テレビ時代に突入したのです。

 

そのテレビ番組が、有力テレビ局の ABC はワーナーブラザーズ (TV)と組んで、ハリウッドをベースにした「サンセット77」(1958 年製作)、ニューオリンズを舞台にした「バーボン・ストリート」(1959年製作)、マイアミの太陽の下、展開される「サーフサイド・ シックス」(1960 年製作)がゴールデン・タイムを独占していた時期でした。

 

このように“ロケ地”を舞台にした 新しい「屋外型のモビリティを中心としたストーリー」に焦点を当てた「ご当地」テレビ番組は新しい旅行世代に、国内各地や海外に新しい「ディスティネーション」への誘惑を後押ししたのです。

 

アイゼンパワー大統領が推進した国内の高速道路の整備は、個人や家族単位の旅行にも、自動車や 大型バンなどの機動性が、重宝され、従来の「定期遠距離バスや鉄道に依存していた旅行スタイルも急激に変化することとなったのです。

戦前は、移民船の寄港するアメリカの東部の都市からの「移民の 道」といわれ、戦後は、退役軍人の家族などが新しい職を求めて移動。

 

シカゴからロサンゼルスまでの高速道路「ルート66 」を舞台とし、この道路沿線で起こる出来事を素材にしたテレビ映画 (1960 年作製)であったのです。

 

海を知らない多くのアメリカ人に、その先に「太陽に輝く温暖な町と太平洋」を思い描かせるに充分で、自動車旅行への衝撃を掻き立てた。

 

自覚かていに車が行き渡ると大陸横断鉄道などを担っていたアムトラックなどの鉄道会社も、この事業から撤退を余儀無くされるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。