本場トルコのサバサンド

 

 

イスタンブールのエジプシャンパザールを歩いていると、
ボスポラス海峡の方から馴染みあるな香りがしました。

船の上でサバを焼いている香りでした。

それはイスタンブールB級グルメの王様、サバサンド!

トルコ語では “Balik ekmegi”(バルック・エクメック)

旅行者たちが口をそろえて「絶対食べて帰りたい!」というほどの人気です。

トルコ・イスタンブールの名物といえば「サバサンド」を焼く屋台。

イスタンブールの金角湾に架かるガラタ橋周辺には

たくさんのサバサンドを焼く船が止まってます。

 

 

 

派手なアラブの海賊みたいなオスマン風の出で立ち、、、。

これは、間違いなく観光客向けなのでしょうね

この派手な「サバサンド船」はいつも3隻停泊しております。

ゆらゆらと揺れるその船上では、

オスマン・トルコ衣装を着たおじさんたちが器用にサバを焼いています。

その揺れる船の上で、鯖をどんどん焼き、パンにはさんで出すのです。

そんな単純なサバサンドなのに、食べてみるとこれがまた意外とおいしい!

パンの表面はパリッと、中はもっちりとした柔らかさ。

サバの脂とレタスや玉ねぎのシャキシャキ感が絶妙な味わいです。

 

 

そして、サバサンドの付け合わせといえば、、、。

Tursu”(トゥルシュ)と書かれたピクルスの屋台が出ています。

わかりやすく言うと、トルコ風漬け物ジュース。

プラスチックに入ったコップに

キャベツ、きゅうり、ビーツなどの真っ赤なピクルス。

トルコ人はつまようじでピクルスを食べて、

ピクルスジュースも飲み干します。

なんでもサバサンドにはTursu”(トゥルシュ)漬物水が合うのです。

梅酢を飲んでいるような感じでとても健康的です。

 

 

このように手軽に作れて食べれるサバサンドは

わざわざイスタンブールまで行かなくても簡単に食べることはできます。

サバの切り身(または干物)を焼いて

スライスした玉ねぎとレタスをパンに挟むだけ。

ただし干し物のサバだと塩気が強すぎるので、生のサバで作るのがオススメです。

少々こだわりがあるなら、食パンやコッペパンではなく

バゲットがより本格的なサバサンドがつくれます。

そしてレモンはサバサンドに欠かせません。

味を引き締めるのに絶対に必要なのでお忘れなく。

 

参考までにタレントのタモリさんがテレビ番組「ヨルタモリ」で披露して人気を集めているサバサンドの作り方をご紹介します。

タモリ式サバサンドのレシピは?

サバサンドはフジテレビで放送されていた「ヨルタモリ」というバラエティー番組で、タモリさんが紹介したことでも話題になりました。バゲットに焼いたサバを挟むという基本レシピは同じですが、以下のようなアレンジが加えられています

本場のサバサンドとは少し異なる作り方ですが、意外にも日本人の舌にピッタリ。

  • ノルウェーサバの一夜干しを使う
  • ソースはマヨネーズと醤油

タモリ式サバサンドを160円、2分で作る超簡単なレシピ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。