水素が癌治療の副作用を軽減してくれる

癌治療の中には抗癌剤を用いる薬物療法があります。

これは活性破壊力を利用するものです。

つまり活性酸素が癌細胞の核の中のDNAを破壊し、癌細胞を死滅させるのです。

放射線治療で癌細胞を破壊するときも、放射線が体内の水分と反応して

発生する活性酸素の攻撃力を利用しています。

放射線や抗癌剤によって発生する活性酸素は癌細胞だけに作用するのではなく
正常な細胞にも作用してDNAを傷つけます。

それがまた癌細胞になってしまうのです。

ということは、癌を死滅させるために放射線や抗癌剤治療を行うと、

その治療によって癌が発生するという悪循環が生まれるのです。

癌の治療をすれば癌になるなんて本末転倒ですね。

 

癌の治療法には外科的な手術を用いる方法もあります。

手術によって組織や臓器を切除すると炎症が起こり、
傷が治る過程で活性酸素の発生が高まります。

 

そして活性酸素によって正常な細胞や組織が傷害を受けて機能が低下すると、

抗酸化力や免疫力や体力も落ちてくるのです。

というわけで、癌の治療法の主なものは、結局は体の抗酸化力を低下させ、

酸化を促進させてしまうのです。

 

水素は、活性酸素のうち、正常な組織にダメージを与えると

「ヒドロキシラジカル」を無害な水にしてくれます。

しかし身体を防御するために重要な働きをするスーパーオキシドや

過酸化水素などの活性酸素には作用しません。

 

水素は癌治療の際に発生する「ヒドロキシラジカル」などの悪玉活性酸素にだけ反応。

それをただの無害な水にすることで癌治療における副作用を軽減してくれるのです。

 

すでに癌治療をされている方にも期待ができると言えます。

 

※私見ですが、水素とは厚生労働省が食品添加物として認めている素材の1つで、空気中にわずか約0.00005%しか存在しない宇宙一「小さい」原子です。医学に精通していない筆者も「自己防衛としての予防医学」の観点で自ら調べて研究し、浅はかながらもそれを理解したことをこのようにお伝えしている次第です。この記事の内容を信じるか否かは読者の皆様のご判断に委ねますが、ただ言えるのは筆者自身が5年以上水素生成器で毎日水素吸入をしていて、自身の健康状態が良好であるから言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。