カナダ、2022年シーズンからクルーズ船の寄港を解禁

cruiseindustrynews.com

カナダは、2021年11月1日をもってクルーズ船の乗船禁止措置を解除することになりました。

カナダ運輸省は、運航会社が公衆衛生上の要求事項を完全に満たすことができれば、禁止措置はもはや有効ではないと指摘しています。

「カナダ人が新型コロナウイルスの蔓延を抑えるために自分の役割を果たしたように、カナダ政府は経済を安全に再開し、より良い社会を築くために努力を続けています。2022年のシーズンには、観光産業の重要な担い手であるクルーズ船をカナダの海に迎え入れる予定です」と発表しました。

カナダ運輸省は、新型コロナウイルス対策の見通しが改善されつつある中、カナダは2022年にクルーズシーズンを迎えることを楽しみにしていると述べています。

カナダ運輸省は、カナダ公衆衛生庁、他のレベルの政府、米国政府、輸送業界の関係者、先住民、北極圏のコミュニティと協力して、カナダ人とカナダの輸送システムが安全で安心なものであり続けるよう、今後も努力していきます」と述べています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。