カーニバル・ドリーム号に新しい船体デザインを採用

cruiseindustrynews.com

「カーニバル・ドリーム」は、ここ数週間で竣工した「カーニバル・マジック」、「カーニバル・グローリー」に続き、新しい船体デザインを採用した最新のカーニバル・クルーズラインの船となりました。

プレスリリースによると、ドリーム号はフランスのマルセイユで行われたドライドックで新しいカラーリングを手に入れました。

このカラーリングは、カーニバル・クルーズ・ラインの最新船「マルディグラ」でデビューしたデザインにインスパイアされたもので、「カーニバル・クルーズ・ラインのカラーでもある愛国的な赤、白、青を基調とした海洋の伝統へのオマージュ」でもあるとのことです。

次の船は、現在ドライドックに入っており、7月末までに作業を終える予定の「カーニバル・ヴァロー」で、新カラーリングを採用する4隻目の船となります。今後は、カーニバル・クルーズラインの全船に新デザインが追加される予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。