カサブランカ概要(モロッコ)

カサブランカは、
モロッコ最大の都市であり、

モロッコの商業・金融の中心地です。

アフリカ有数の世界都市です。

カサブランカとはポルトガル語、
スペイン語で「白い家」の意味。

1515年に、ポルトガル人によって町の再建が行われ、
町を”Casa Blanca”(ポルトガル語で「白い家」)
と名付けたのです。

しかし、1755年に起こったリスボン大地震によって
カサブランカも甚大な被害を受けたのです。

そして、ポルトガル人はカサブランカを去ったのです。

カサブランカはアラウィー朝モロッコに統合され、
1770年からムハンマド3世によって町の再建工事が
行われ、町は要塞化されました。

18世紀からはスペインと、19世紀に入るとそれに
目を付けたヨーロッパの列強諸国との間で交易が始まり、

主にウールの積出港として発展しました。

人口も急激に増大し、
1830年に600人だった人口は、
1868年に8,000人にまで成長したのです。

しかし、ヨーロッパ列強に対する
住民の不満は募っていました。

1907年に港湾工事を行っていた
ヨーロッパ人労働者を住民が殺害したのを機に、
暴動に発展。

フランス、スペインが軍艦を派遣し、
カサブランカを砲撃。

フランス軍はカサブランカを占領。

そして1912年、モロッコはフランスと保護領条約を締結し、
カサブランカはフランスの保護領となったのです。

写真はカサブランカの有名な観光スポットとして知られる「ハッサン2世モスク」です。

このモスクはモロッコ最大級のモスクで全長200メートルもの高さを誇る

ミナレットを擁しています。

モロッコがフランスの統治下であったことが伺える建物です。

 

フランス保護領モロッコの初代総督に就いた
ウベール・リヨーテ将軍が
カサブランカを商業の中心として整備を推進。

第二次世界大戦中はドイツ軍によって
フランスが占領されたために、
戦争当初は親独のヴィシー政権の支配下にありました。

その後、連合国軍の北アフリカ侵攻によって
連合国軍に占領され、自由フランスに復帰。

1943年にはカサブランカ会談が開かれました。

第二次世界大戦後の1956年にモロッコが
フランスから独立。

フランスはカサブランカから撤退。

その後カサブランカはモロッコ最大の都市として繁栄し、
世界各国から観光客が訪れ、モロッコの経済の中心地の地位を占めているのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。