コルフ島(ケルキラ島)概要

 

ギリシャとアルバニアの国境にある
コルフ島をご紹介します。

コルフ島(ギリシャ語でケルキラ島)は
中世から地中海の交通の要所として栄えていました。

かつてイギリスやヴェネチアに
統治されていたため、

ギリシャとヨーロッパの文化が
共存する独特のムードをもっています。

水に恵まれたこの島はオリーブの産地として
高品質のオリーブオイルがイタリアに輸出されています。

旧市街にはフランス風の通りがあり、

またベネチア風の家並み、イギリス風の建物、

またギリシャ聖教の教会と町全体が
不思議な調和を見せています。

郊外にはリゾートホテルの並ぶ
美しい景観のビーチが点在しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。