リッツ・カールトンヨットで行く ギリシャとトルコのクルージング 

ザ・リッツ・カールトンヨットコレクションで行くエーゲ海クルーズをご紹介します。

7泊8日の航海のスタートはギリシャの首都アテネの外港ピレウスから始まります。

エーゲ海をクルージングしてエフェソスの遺跡を巡るためにクサダシに寄港し、イスタンブールに向かい停泊します。

魅惑的なブルーモスクを訪問する前に, ボズカーダ島でのビーチで英気を養えます。

アテネは西洋の民主主義の伝統のゆりかごであり、文明の本拠地であり、かつてと同じかそれ以上に輝いています。

アテネの街で最も有名な古代遺跡がいくつかある丘の上のアクロポリスに登ると、歴史の鼓動を感じられます。

ペリクレスの最大の記念碑であるパルテノン神殿の巨大な柱に驚嘆を覚えます。

また小さなナイキ神殿と、エレクテイオンのポーチを支えるキャリヤードの素晴らしい彫刻を鑑賞してください。丘のふもとにあるアクロポリス博物館には、乙女たちのオリジナルの像や、ここで発掘された他の数多くのアーティファクトがあります。

アテネには世界最大の国立考古学博物館です。

 

アゴラでは、プラトンとアリストテレスの足跡をたどり、ソクラテスと架空の対話を続け、ヒポクラテスが癒し、ペリクレスが支配した場所を発見できます。

その後、プラカ地区の活気あるタベルナと曲がりくねった街並みを味わってください。

聖人と世俗が共有するパトモス島、聖ヨハネが亡命中に黙示録を書いたとされるエーゲ海の聖なる島です。

島を支配する神学者聖ヨハネ修道院は、歴史的なコーラの白塗りの建物に囲まれた城のような複合施設です。

何世紀にもわたって、キリスト教の巡礼者たちはこの丘の上の場所、近くの黙示録の洞窟、そして険しい内部に点在する他の多くの教会や宗教的建造物を訪れました。

首都であるスカラは、美しい港町で、パトモスの狭い中央部を曲がった自然の港で、泳いだり、食事をしたり、リラックスしたりする訪問者にすばらしい足場を提供します。

カンポスの村は、太陽を求める人やウォータースポーツで人気のスポットです。複雑な海岸線沿いには、穏やかな入り江やビーチがあります。

航海3日目はクルーズのハイライト、エフェソスの都市国家でおなじみのクサダシに入港します。

トルコ最大のリゾート、クシャダスでは、ウォーターフロントの遊歩道、オープンエアのカフェ、豪華なビーチなど、シンプルな海辺の楽しみが生活の中心となっています。

この近代的な港は、古代の偉大な都市の1つであるエフェソスへの玄関口です。イオニアのギリシャ人によって設立されたエフェソスは、ローマ帝国の州都として栄えました。アゴラ、浴場、図書館、モザイクで飾られた家を歩き回るのは、決して忘れることのできない体験です。

エフェソス人は彼らの都市を放棄することを余儀なくされましたが、セルチュクの近くの町にあるビザンチンとオスマン帝国の遺跡は、小アジアのこの一角に止まらない歴史の行進を示しています。

クシャダスに戻って、夕方に水際のチャイバーチェ(ティーガーデン)で椅子を引き上げるか、バーストリート沿いのパーティーに参加するものいいでしょう。

4日目は終日航海。

エーゲ海をゆったりとクルージング。船上でのゆったりとした生活の中でリラックスし、リラックスするユニークな機会をお楽しみください。

ジムで景色を眺めながらエクササイズを楽しんだり、リラックスできるスパトリートメントを楽しんだり、船内のオブザベーションラウンジで夕暮れの空が変化したりする様子を眺めたり、同じく船上の「ザ・リビング・ルーム」では読書を楽しむのも良いでしょう。

5日目はトルコとの国境に近い、ギリシャ北部の街カバラへ。

この街は26世紀の歴史から引き出された見事なエーゲ海の環境と一連の観光スポットは、ギリシャ北東部で最も魅力的な目的地の1つです。

ビザンチン様式のアクロポリスの廃墟の上から、オスマン帝国の城はパナギアと呼ばれる旧市街を保持する小さな半島を守っています。

パステルカラーの建物が並ぶ石畳の通りは、要塞、過去の教会、ハリルベイモスク、そしてかつて宗教学校だったドーム型のイマレットまで続いています。

カバラの新しい街は、周囲の本土の丘、たばこ倉庫、19世紀の運命を反映したエレガントな新古典主義の邸宅に広がっています。

壮大なスルタンスレイマンによって建てられた16世紀の巨大な水道橋は、歴史的な地区と新しい地区にまたがっています。

内陸への短いドライブは古代のフィリッピです。紀元前356年にアレクサンドル大王の父であるフィリップ2世によって設立された都市です。

5日目はトルコのボズカーダ島のビーチでのんびり。

「トルコの最高の秘境」と呼ばれることも多いボズカーダ島は、明らかにゆったりとした雰囲気です。

ブドウ畑にドレープされ、人気のないビーチで飾られ、穏やかなエーゲ海の雰囲気で贅沢です。満足のいく朝を過ごして、ギリシャクォーターの石畳の通りを散策したり、エーゲ海で最大の城塞の1つである港の巨大な中世の城に足を運んでみてください。

ボズカーダ島での楽しみの一つとして、地元の漁師が毎日の漁獲量を追跡する様子を観察したり、アマデウスやコーバスのブドウ園で地元のワインを試飲したり、静かなビーチでの休憩時間を選んだりできます。

一日の終わりには、趣のあるタベルナに戻り、ブドウの葉で調理された地元のイワシを試食してください。

6日目下船日前夜はイスタンブールで停泊。

イスタンブールは美しく大胆なヨーロッパとアジアの大陸にまたがっています。

アヤ・ソフィアのビザンチン様式の大聖堂に行く前に、朝の一杯のトルココーヒーを召し上がってみて下さい。

金のモザイクと畏敬の念を起こさせるドームを備えた、これは世界で最も美しい建物の1つです。その後、ブルーモスクへの訪問、スルタンアフメット1世の壮大なプロジェクト、そして豪華なトプカピ宮殿でのハーレムのオプショナルツアーをお楽しみください。

午後には、ボスポラス海峡のショートクルーズを楽しんだり、カラフルなグランドバザールでのたたかいスキルを練習してください。

ベイオール地区でのシックな屋上バーで一日を締めくくりましょう。

スタイリッシュなダイニングオプションとボスポラス海峡の素晴らしい景色が自慢です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。