Cruise Industry News

現在、世界の三大クルーズ会社は資金繰りが困難な状況に置かれています。

その額は以下の通りです。

クルーズ会社のビッグ3は資金繰りに苦労しています。その額は以下の通りです。

カーニバル・コーポレーション、ロイヤル・カリビアン・グループ、ノルウェージャン・クルーズライン・ホールディングスの3社は、一部の船舶が休眠から復帰して運航を再開していますが、依然としてキャッシュを使い切っていません。

第3四半期には、船舶の再稼働、必要なメンテナンス、潜在的な乾ドック、調達、乗組員の復帰などのコストが追加されるため、資金調達の数字は増加する可能性があります。

大手クルーズ会社3社のうち1社のみが、第3四半期の現金支出額の見通しを示し、45%近く増加するとしています。

■カーニバル・コーポレーション

カーニバル・コーポレーションの場合、2021年上半期のキャッシュ・バーンは月5億ドルで、前回予想の5億5千万ドルよりも改善しました。この改善は主に、第2四半期末の直前に船舶売却による現金を受け取ったタイミングと、その他の小規模な運転資金の変動によるものです。

船がすぐに再就航し、出発間近に発表されるクルーズの予約期間が短いことから、第3四半期の現金支出率の予測は行わないとしています。

■ロイヤルカリビアングループ

ロイヤル・カリビアン社は、2021年第2四半期の平均月次キャッシュ・バーン・レートを約3億3,000万ドルと報告しました。これは、同社が追加の船舶を運航に戻したことにより、前四半期よりもわずかに高くなっています。

カーニバル社と同様に、ロイヤル・カリビアン社も第3四半期の見通しを発表していません。

「環境は依然として流動的であり、このため、現金支出の見通しや、収益や新規顧客からの預り金によって生じる関連する相殺を提示していません。第2四半期の決算発表の電話会議で、執行副社長兼CFOのジェイソン・リバティは、「レイオフ中の船の燃焼率は、以前の予想と同じになると考えています」と述べました。

■ノルウェージャンクルーズラインホールディングス

ノルウェージャンクルーズラインホールディングスは、第2四半期の平均キャッシュバーンが月2億ドルとなり、ガイダンスの1億9000万ドルを上回りました。

「エグゼクティブ・バイスプレジデント兼CFOのマーク・ケンパは、「第3四半期については、追加の船舶が就航することで再稼働費用が加速するため、月平均の現金支出額は約2億8,500万ドルに増加すると予想しています。「再稼働費用は、主に船舶のリポジショニング、プロビジョニング、停船、新しい安全衛生プロトコルの導入、需要喚起のためのマーケティング投資の計画的な増加に関連しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。