ロイヤルカリビアングループの2021年の船内収益が増加

Cruise Industry News

ロイヤル・カリビアン・グループが運航を再開した客船では、船内収益が大幅に増加しており、乗船客の消費意欲も高まっています。

「第2四半期の決算説明会で、CFO兼執行副社長のジェイソン・リバティは、「船内での収益体験に対する需要も高まっています。

また、第2四半期の決算説明会で、CFO兼副社長のジェイソン・リバティは、「お客様は、1年間孤立して過ごした後、寄港地観光、カジノ、スパ、レストランなどをとても楽しんでいます」と述べました。

「また、休暇やリモートワークに柔軟に対応する消費者が増えていることから、当社のWiFiサービスへの需要も高まっています」と述べました。

ロイヤル・カリビアン・インターナショナル社の社長兼CEOであるマイケル・ベイリーは、運航を再開した船内での消費を信じられないほど励みにしていると付け加えました。

「実際、非常に素晴らしい数字が出ています」とベイリーのコメントを付け加えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。