プレミアム・クルーズ・ブランドが世界的に再出発を加速

Cruise Industry News

クルーズ船の再就航が相次ぐ中、プレミアム・クルーズ・ブランドは世界各地でいち早く運航を再開しています。

ここでは、主要8ブランドの最新の計画をご紹介します。

■セレブリティ・クルーズ
初出航。2021年6月5日より就航
船名 セレブリティ・ミレニアム、セレブリティ・アペックス、セレブリティ・エッジ、セレブリティ・シルエット、セレブリティ・フローラ、セレブリティ・サミット、セレブリティ・エクスペディション、セレブリティ・エクイノックス、セレブリティ・エクスプロレーション

地域 カリブ海、地中海、イギリス、ガラパゴス、アラスカ

段階的な再開計画の一環として、セレブリティ・クルーズは現在8隻の船を運航再開しています。カリブ海と地中海でまずゲストの運航を再開した後、ロイヤルカリビアン傘下のブランドは、イギリスとガラパゴスでお客様をお迎えしました。

6月には、セレブリティが米国での再開の先駆けとなり、セレブリティ・エッジが15ヶ月ぶりに有料の乗客を乗せて米国を出航しました。現在、アラスカでサービスを再開した「セレブリティ・ミレニアム」を含め、3隻のセレブリティ船が米国の港を出航しています。

9月には、9隻目となる「セレブリティ エクスプロレーション」がガラパゴス探検のレギュラースケジュールを再開し、お客様をお迎えする予定です。

 

■ホーランド・アメリカ・ライン
初出航。2021年7月24日より就航

船の種類 Nieuw Amsterdam、Eurodam、Zuiderdam、Koningsdam、Rotterdam、Nieuw Statendam
地域 アラスカ、地中海、メキシコ、カリブ海、ハワイ、パナマ運河、カリフォルニア

ホーランド・アメリカ・ラインは、7月にシアトルを拠点としたアラスカ航路を開設し、サービスを再開しました。また、カーニバル社傘下のホーランド・アメリカ・ラインは、ヨーロッパへの再出発を果たし、ギリシャから地中海クルーズを運航しています。

また、カーニバル社傘下のブランドは、カリブ海や西海岸などでもお客様をお迎えする予定です。9月からは、新造船「ロッテルダム」を含む6隻の船がポート・エバーグレーズとサンディエゴを出航します。

建造されたばかりの新造船は10月に就航し、大西洋を横断した後、カリブ海での就航シーズンを開始する予定です。

 

■プリンセス・クルーズ
初出航。2021年7月25日より就航
船名 マジェスティック・プリンセス」「スカイ・プリンセス」「リーガル・プリンセス」「グランド・プリンセス」「ルビー・プリンセス」「エンチャンテッド・プリンセス」「カリビアン・プリンセス」「クラウン・プリンセス
地域 アラスカ、イギリス、カリブ海、パナマ運河、メキシコ、ハワイ、カリフォルニア

プリンセス・クルーズは、7月にマジェスティック・プリンセスが短縮されたアラスカ・シーズンを開始し、米国での客船運航を再開しました。マジェスティック・プリンセスはシアトルを拠点とし、9月下旬までアラスカに滞在した後、ロサンゼルスに移動して西海岸の一連のクルーズを行います。

プレミアム・クルーズラインであるプリンセスは、ヨーロッパでのサービスも再開し、2隻の船で夏の終わりまでイギリス諸島を巡る「シーケーション」シリーズを提供します。

この秋、プリンセスはサンフランシスコとポート・エバーグレーズでも乗客をお迎えします。9月から11月にかけて、プリンセスの8隻の船が再びカリブ海、パナマ運河、メキシコ、ハワイ、カリフォルニア・コーストへのクルーズを提供します。

 

■オセアニア・クルーズ
初出航 2021年8月29日
船名 マリーナ、リビエラ、インシグニア、シレーナ
地域 北欧、地中海、カリブ海、ワールドクルーズ

オセアニア・クルーズは、8月にサービスを再開し、マリーナ号で北欧シーズンのお客様をお迎えする予定です。1,250人乗りの船は、コペンハーゲンを起点に、当初発表した航海スケジュールを再開します。

2隻目のRivieraは、10月に運航を再開し、冬のカリブ海シーズンに先立って、一連の地中海航海を行います。

また、2021年12月から2022年1月にかけて、さらに2隻の船が運航を再開することが計画されています。

 

■キュナード・ライン
初就航 2021年8月13日
船名 船名:クイーン・エリザベス、クイーン・メリー2
地域 イギリス、大西洋横断、西ヨーロッパ、大西洋の島々とカリブ海

キュナード社は、国際線の運航再開に先立ち、英国での運航を再開します。クイーン・エリザベス号は8月13日から、サウサンプトンから出航し、イギリス諸島を巡る国内のシーニック・クルーズを実施しました。

クイーン・エリザベス号は、8月13日からサウサンプトンから英国の島々を巡る国内遊覧船を運航し、その後、英国を拠点に西ヨーロッパや大西洋の島々を巡る旅程を新たに開始します。

一方、クイーン・メリー2は、11月に運航を再開し、大西洋を横断した後、西ヨーロッパでの新しいショートブレイクを運航します。その後、同船はカリブ海でも3つの新しいクルーズを運航します。

 

■ドリームクルーズ
初出航。2020年7月26日より就航
船名 ゲンティン・ドリーム号、ワールド・ドリーム号、エクスプローラー・ドリーム号
地域 アジア – 台湾、シンガポール、香港

アジアを拠点とするドリーム・クルーズは現在、2つの異なる母港から「スーパー・シーケーション」を提供しています。ワールドドリーム号はシンガポールから、ゲンティンドリーム号は香港から、地元政府の規定に沿って、どこにも属さないショートクルーズを運航しています。

同ブランドのサービスを再開する最初の船である「エクスプローラー・ドリーム号」は、2020年7月に台湾のアイランドホッピングの旅程を開始していました。ドリームのウェブサイトによると、サービス停止を経て、現在は2021年8月18日に出航が再開されることになっています。

 

■アザマラ
初出航 2021年8月28日

船名 アザマラ・クエスト、アザマラ・ジャーニー
地域 地中海・カリブ海

現在、再出発に向けて準備中の「アザマラ・クエスト」は、アザマラ社が再開する最初の船となります。

独立したブランドとなったアザマラは、8月28日に東地中海での一連の航海で運航を再開します。

世界のいくつかの地域でクルーズ運営が複雑化しているため、多くの船をキャンセルしたり、入れ替えたりしてきたが、2021年から2022年のシーズンも改訂版を計画している。

新しいプログラムでは、「アザマラ・ジャーニー」が10月13日にサービスを再開し、冬まで延長される一連のヨーロッパ航路を運航します。アザマラ・クエスト」は、最初に地中海を航行した後、カリブ海で拡張したシーズンを提供します。

アザマラ・パースート」と新しい「アザマラ・オンワード」は、2022年にクルーズを再開する予定です。

 

■サガ・クルーズ
初出航。2021年6月27日より就航
船名 スピリット・オブ・ディスカバリー号、スピリット・オブ・アドベンチャー号
地域 ヨーロッパ – イギリス、北欧、地中海

6月にスピリット・オブ・ディスカバリー号でお客様をお迎えした佐賀クルーズは、現在、2隻体制でイギリスの国内クルーズを提供しています。

現在、2隻の船でイギリス国内のクルーズを提供していますが、今後は海外クルーズでの再スタートを予定しています。今月末には、イギリスのドーバーから北欧、地中海などを巡るマルチカントリーな旅程が登場します。

 

Cruise Industry News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。