© Cruise Industry News

2021年11月、南極へのゲートウェイであるアルゼンチンのウシュアイアを出港したクリスタル・エンデバー号の初航海で、南極大陸に同船に備えて付けられている新しい潜水艇が正式にデビューしました。

プレスリリースによると、この船のゲストは、新しい潜水艇を使って海中数百フィートの深さに初めて挑戦し、その過程で海洋生物の素晴らしい眺めを楽しむことができました。

Endeavor2

© Cruise Industry News

特別な装備を必要としない定員2人乗りのこの潜水艇は、氷に覆われた極地を探検するユニークな方法でゲストを海中へエスコート。

クリスタル・エンデバーは、アルゼンチンのウシュアイアを出発し、有名なドレーク海峡を渡り、サウスシェットランド諸島、ウェッデル海、フォークランド諸島、サウスジョージアを訪れ、ペンギンのコロニーやアザラシ、クジラ、海鳥などが生息する南極半島を十分に探索する、11日間の南極クルーズの最初の船です。

プログラムは2022年2月まで実施されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。