シードリームヨットクラブ、カリブ海クルーズスタート2021

© Cruise Industry News

シードリーム・ヨットクラブの「シードリームI」と「シードリームII」は、カリブ海でのシーズンを迎えます。「シードリームII」は11月20日にプエルトリコのサンファンを、「シードリームI」は11月26日にバルバドスのブリッジタウンを出港します。

カリブ海の暖流を利用したこの旅程では、セントバーツやジョスト・ヴァン・ダイクなどの伝統的なヨットの人気スポットに加え、ドミニカ共和国、グレナディーン諸島、セントルシアなどの静かなスポットを含む41の航海が予定されています。 

その他の寄港地としては、ノーマン島(英領ヴァージン諸島)、セントジョージズ(グレナダ)、メイロー(グレナディーン諸島)、イルズ・ド・サンテス(グアドループ)、ロドニー・ベイ(セントルシア)、サンディ・グラウンド(アンギラ)、クレブラ(プエルトリコ)、チャールストン(ネイビス)、サバなどがあり、ほとんどの航海が7日間となっています。

2021年7月に航海を再開して以来、56室のSeaDream IとSeaDream IIは30回以上の航海を終え、ブルガリア、クロアチア、フランス、ギリシャ、イタリア、モンテネグロ、ノルウェー、ルーマニア、スロベニア、スペイン、トルコ、ウクライナの歴史的な港に寄港しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。