「カーニバル・ミラクル」でサンフランシスコから出航開始

Carnival Miracle

Carnival Miracle

カーニバル・クルーズ・ラインは、50年の歴史の中で初めて、最新の母港であるカリフォルニア州サンフランシスコから、カーニバル・ミラクル号で2022年4月29日に出航します。

報道によると、春から夏にかけてのサンフランシスコからの初出航により、カーニバルは西海岸のサービス内容を拡充し、カリフォルニアからどの会社よりも多くのゲストを乗せるクルーズ会社としての地位を強化することに成功しました。

カーニバル・クルーズ・ライン社長のクリスティン・ダフィーは、「長年待ち望まれていたサンフランシスコ港からの初出港を実現でき、大変嬉しく思っています」と述べています。”サンフランシスコのコミュニティに参加し、観光経済の復興を支援し、ベイエリアに住む人々や訪れる人々に美しい目的地への刺激的な旅の選択肢を開くことを誇りに思います。”

「サンフランシスコ港は、カーニバル・ミラクルをピア27のJ.R.ハーマン・クルーズ・ターミナルの新しい母港に迎えることを誇りに思います」とサンフランシスコ港事務局長のエレイン・フォーブスは述べています。

「カーニバル・ミラクルは、サンフランシスコ港から19回の航海に出航し、何千人もの乗客と乗組員がこの街に集い、ウォーターフロントの経済回復に貢献します。

サンフランシスコ港に寄港するクルーズは、フィッシャーマンズワーフ、エンバカデロ、そして7.5マイルの敷地の隅々まで国際的に有名にした、小規模で家族経営のビジネスのネットワークを支えています。

サンフランシスコ港から出発する4日間のバハメキシコクルーズに続き、カーニバル・ミラクル号は、ジュノー、ケチカン、シトカ、スキャグウェイ、アイシー海峡ポイント、カナダのビクトリア、トレーシーアームフィヨルドでの遊覧を特徴とする10日間のアラスカクルーズバケーションのシリーズを11本開始します。(クルーズ日によって、寄港する場所は異なります)

また、4日間と5日間のバハメキシコクルーズも提供され、2022年9月15日のハワイへの15日間のカーニバルジャーニーズクルーズがクライマックスとなる予定です。

©︎ Cruise Industry News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。