バラエティクルーズが盛り上がっている

Variety Voyage

Variety Voyage

2022年と2023年、ギリシャのクルーズ会社は、8隻のうち6隻をギリシャに配置する予定です。

残りの2隻はタヒチとセイシェルに配置される予定です。また、イタリアとアドリア海をカバーする旅程も数本あります。

「2022年、私たちはより多くの船をギリシャに運んでいます」と、最高商務責任者のマルヴィナ・ヴォンタは言います。

「タヒチは私たちにとって新しく、注目すべきものです。アテネからフランス領ポリネシアに船を配置するのは長旅です。旅行アドバイザー、直接消費者、当社の船をチャーターするツアーオペレーターを対象としたすべての調査で、タヒチは就航に最適な目的地の1つであると示されました。特に、当社の米国ビジネスの50パーセントは西海岸からのものです」とヴォンタは述べています。

■年間を通した取り組み

「私たちの目標のひとつは、冬になると船を配置する代わりに、年間を通して運航できるデスティネーションを見つけることです。そのために船が消耗し、小さな船には大きな投資となる」とヴォンタ氏は説明する。

バラエティは間もなく、もうひとつの新しいデスティネーションであるアラビア湾での運航を発表する予定だ。

「湾岸は初めてです。オマーン、カタール、アラブ首長国連邦。マスカットとドーハを結ぶ旅程を組む予定です。カタールは新進気鋭のデスティネーションで、トレンドがあります。オマーンは私たちのコンセプトに近い、ゆっくりとした旅です」とヴォンタ氏。

「湾岸エリアはまだ(クルーズが)飽和しているわけではないが、新しく発見されたわけでもない。MSCやTUIは大型船で、ポナンのようなニッチな船もある。私たちは、私たちのような超小型客船にしか提供できないセールスポイントを見つけようと努力しています」とヴォンタ氏のコメント。

バラエティの強みは、船の大きさだ。10名から71名まで乗船できる。

「そして、陸上では日常を超えるツアーやエクスカーションを探さなければならない。ワイナリーに連れて行くのではなく、料理を作ってくれる家庭を探すなど、目的地について知っていることをすべて忘れることが大切です」とヴォンタ氏。

バラエティーは通常、18〜24ヵ月前に旅程を発表する。このクルーズラインはソフトローンチを行うこともある。つまり、フルシップチャーターを行うことが多いトップパートナーにまず配船計画を送るのです。

「チャーターするのは、たとえばアメリカのダイレクトマーケティング会社(リンドブラッド・エクスペディションズもチャーターしていた)か、スタンフォード、エール、ハーバードなどの同窓会ツアーオペレーターだ」とヴォンタは言う。

また、ヴォンタ氏は、「Varietyの強みは、すべてのオペレーションを自社で行っていることだ」と説明します。

「私たちは、船を自分たちで造っているので、360度会社と呼んでいます。港湾、飲食メニューの企画、乗組員、営業、マーケティング、流通など、すべてのオペレーションを自社で行っているのです。

「私にとっては、それがより良い旅程を組むためのレシピでもあるのです。新しい旅程や既存の旅程、お客様によりよいサービスを提供するための変更、強化など、すべての部門が協力し合い、すべて社内で行っているのです。

「これは、配備や旅程の計画、24ヶ月先あるいはそれ以前の計画など、先を見通すことに役立つ」とヴォンタは付け加えた。

©︎Cruise Industry News

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。